トピックの森

農業・家庭菜園

JAしらかわファマーズマーケット「り菜あん」で発売開始

福島県白河農協直売所で、以前より販売していただいておりました「エコチャンス」に加え、「ローズフレッシュ」も販売開始いたしました。

日本有数の桃産地、山梨県一宮町の桃農家風間良太氏宅で出荷開始!

桃での使用は始めてでしたが、4回の葉面散布で糖度が2~7%増加しました。食べても全然違います。

西郷村エコチャンスを使ったじゃがいもは今年も良好!

収穫まであと2ヶ月。天候不順にもかかわらずエコチャンスを使用したじゃがいもは、順調に育っています。

エコチャンスを使ったじゃがいも・トロロいもの種まきが、今年も始まりました。

今年は例年にない寒さでしたが、エコチャンスを使った西郷村のじゃがいも・とろろいも生産農家の作付けが始まりました。

西郷村 渡邉様
とろろいも

平成18年 使用量100g/10a

1. 成長過程でほとんどの近隣農家はバイラス病にかかってしまった。しか
し、 「エコチャンス」使用地はバイラス病にかからなかった。
2. 収穫量は対象地の1.47倍。〈使用地110ケース。未使用地75ケース〉昨
年の3倍。〈昨年は不作で単純に比較はできないが・・・〉肥料も昨年の1.4倍使用した。
3.1個あたりを比較すると、使用区は908g、898gに対して、未使用区は、525g、413gと1.93倍の違いがあった。
4.特にエコチャンス使用区のいもは、根軸が小さく、根毛の発育が優れている。
5.種〈むかご〉は多い年で25ケース。平均20ケースなのに、今年は40ケース採った。
6.採取したとろろいもの糖度比較は、エコチャンス使用とろろいもが0.8%上回った。
7.繊維〈細胞〉の細かさ、均質性はエコチャンス使用とろろいもがすぐれる。
使用前
使用後

表郷村 橋本様
水稲 ひとめぼれ

使用量150g/30a=30g/10a
1.葉幅が広いのにまず驚いた。
2.米のランクが上がり販売価格の上昇につながり非常に喜ばれた。

西郷村 斉藤様
水稲 ひとめぼれ

・平成21年5月21日散布 ・使用量130g/26a=50g/10a
1.成長が2週間程度早い。
2.バラツキが少ない。稲穂の生長~稲穂の数~着粒数~収穫の米、すべてにおいて均質化された。
3.食味試験の結果タンパク質の含有量が、「エコチャンス」使用前は5.6%だったのが、使用後は6.0%と最適値となった(最適値:5.8%~6.2%)。
使用前
使用後